ひろしま自治人材開発機構・広島県自治総合研修センター

申込み

(1) 研修の申込みはどのようにするのですか。
(2) 研修センターでは,どのような研修を実施していますか。

(3) 一般研修の対象者のようです。申込みが必要ですか。

(4) 特別研修を受けるのに受講資格はありますか。

(5) 臨時職員,非常勤嘱託員,再任用職員,任期付職員は受講できますか。

(6) 2日間コースの研修で1日だけ受講を申し込むことはできますか。

(7) 広島市内に勤務しています。福山会場の研修を受講できますか。

(8) 自分の受講歴はわかりますか。

 

取下げ・変更・欠席手続

(1) 申込みを取り下げたい場合,どうすればいいですか。

(2) 研修を欠席する場合,どうすればいいですか。

(3) 別の回の研修に変更することができますか。

(4) 市町・中堅Ⅱ(選択型)の受講者です。

  当初選択した研修を別の研修に変更できますか。

(5) 市町・中堅Ⅱ(選択型)の受講者です。市町・中堅Ⅱ(集合型)に変更できますか。

 

受講決定

(1) 受講決定通知はいつ頃届きますか。
(2) 特別研修の応募者が定員を超えた場合,受講者をどのように決定していますか。

 

研修会場への来場について

(1) 研修会場への行き方を教えてください。

(2) 自動車で会場へ行ってもいいですか。

(3) 研修センターには,自転車やバイクを置く場所がありますか。

(4) 旅行命令はどのように申請すればいいですか。

(5) 研修センターに宿泊することができますか。

(6) 研修には何を持って行けばいいですか。

(7) どんな服装で行けばいいですか。

(8) 遅刻しそうな場合はどうすればいいですか。
(9) 台風などで交通機関が遅延しそうです。どうすればいいですか。 

 

研修期間中

(1) 研修中,受講者に連絡をいれてもいいですか。
(2) 講義中に一時的に研修室の外へ出ることはできますか。

(3) 体の具合が悪くなったときどうすればいいですか。

(4) 研修の途中で早退できますか。

(5) 研修中,会場の外に出て用事を済ませていいですか。

(6) 研修中,暑い(寒い)のですが。

(7) 講義中,飲み物を飲んでもいいですか。

(8) 昼食はどのようにしたらいいですか。  
 

研修終了後

(1) 修了の認定基準はありますか。

(2) 一般研修や対象者必修の特別研修を受講しないとどうなりますか。

(3) 研修受講後,特に何かすることがありますか。

 

研修センターの施設・設備

(1) トイレは洋式ですか。

(2) 休憩する場所がありますか。  

(3) 身体障害者が受講しやすい環境が整っていますか。

 

 

自己啓発支援・職場研修支援

(1) 研修センターには自己啓発や職場研修の支援制度はありますか。

 

その他

(1) 講師はどのように決めているのですか。

(2) ひろしま自治人材開発機構とは何ですか。

 

▲このページの先頭に戻る

 

 

質問への回答

 

申込み

(1) 研修の申込みはどのようにするのですか。

     研修の申込方法は,次のとおりです。ただし,一般研修と対象者必修の特別研修は,研修センターで手続きをしますので,対象者による申込みは必要ありません。

県職員(知事部局)

 
  • 広島県職員ポータル内の研修支援システムから申し込んでください。
  • 申込みには,所属長(承認者)の「承認」が必要です。締切日までに,受講申込みの承認を,研修支援システムで必ず済ませてください。(注:研修支援システムにアクセスして改めて所属IDでログインしてください。)
  • 詳しい操作方法は,研修支援システム操作マニュアルを参照してください。

県教育委員会事務局職員
県立学校職員

県警察職員
県関係団体職員 

 

市町職員
市町立学校職員

自分の団体の研修担当所属に問い合わせてください。

 

(2) 研修センターでは,どのような研修を実施していますか。

     研修センターの研修には,一般研修と特別研修があります。

     一般研修は階層別研修のことで「初任(前期)」や「管理者」等があります。

     特別研修は希望する職員が受講する研修で「企画力」や「プレゼンテーション」,「クレーム対応」等があります。

     ※次のリンクを参照してください。
   → 「研修一覧」のページ
   → 「特別研修(目的別)」のページ

   → 「特別研修(時期別)」のページ
   「研修ガイドダウンロード」のページ

 

(3) 一般研修の対象者です。申込みが必要ですか。 

     必要ありません。研修センターで受講手続きを行います。

 

(4) 特別研修を受けるのに受講資格はありますか。

  原則として,受講資格はありませんが,一部受講制限を設けている研修があります。

      研修ガイドの対象者欄を参照してください。 

 

(5) 臨時職員,非常勤嘱託員,再任用職員,任期付職員は受講できますか。

  臨時職員,非常勤嘱託員,再任用職員は原則,受講できません。

  任期付職員は「任期付採用職員」研修,再任用職員は「再任用職員研修」 のみ受講できます。

  (「再任用職員」研修は市町のみです。)

  ただし,所属長(市町にあっては研修担当課長)が特に必要と判断し,研修センターが認めた場合には受講が可能です。

  事前に研修センターへ相談してください。

 

(6) 2日間コースの研修で1日だけ受講を申し込むことはできますか。

   できません。

 

(7) 広島市内に勤務しています。福山会場の研修を受講できますか。

    次のとおり取扱っています。

県職員

市町職員
原則,勤務地から最寄りの研修会場で受講してください。
ただし,次のいずれかの理由に該当する場合は,福山会場での受講が可能です。
  • 勤務地からよりも自宅から福山会場へ行く方が経済的かつ合理的な場合
  • 仕事の都合上,福山会場開催の研修しか受講できない場合
  • 福山会場でしか開催されない研修である場合
特に制限はありません。それぞれの市町の規定に従って受講してください。

 

(8)自分の受講歴はわかりますか。

   県職員のみ自分自身の研修受講履歴を確認することができます。

  広島県職員ポータル内の研修支援システムのメニューにある,「研修申込状況一覧」でご確認ください。

    県職員以外の方は,研修担当課へお問い合わせください。

 

▲このページの先頭に戻る

 

取下げ・変更・欠席手続

(1) 申込みを取り下げたい場合,どうすればいいですか。

  受講決定前であれば取り下げることができます。

   (受講決定後は,取下げではなく,欠席手続きをしてください。)

県職員(知事部局)
県教育委員会事務局職員
県立学校職員
 

 
  • 広島県職員ポータル内の研修支援システムのメニューにある,「研修申込状況一覧」から,手続きの進行状況を確認してください。
  • 申込状況欄が「承認待ち」と表示されているとき は,「研修申込状況一覧」から取り下げる研修の申込内容「表示」をクリックし,申込画面を開きます。画面下部の「取消」ボタンをクリックしてください。
  • 状況欄が「決定待ち」と表示されるているとき は,申込者本人で取り下げができません。研修センターへ連絡してください。

市町職員
市町立学校職員
県警察職員
県関係団体職員 

自分の団体の研修担当所属に問い合わせてください。


(2) 研修を欠席をする場合,どうすればいいですか。

  受講決定後,止むを得ない事情で欠席する場合は,次のとおり手続きしてください。

県職員(知事部局)
県教育委員会事務局職員
県立学校職員
 

 
  • 様式「欠席届」をメール又はFAXで提出してください。
  • 研修開始日から1週間前を過ぎている場合は,欠席届の提出と同時に,速やかに研修センターまで連絡してください。

市町職員
市町立学校職員
県警察職員
県関係団体職員 

自分の団体の研修担当所属に問い合わせてください。
 ※様式はこちら ⇒ 各種様式

 

(3) 別の回の研修に変更することができますか。

    次の研修に限り,別の回に変更できます。

   これら以外の研修で変更を希望する場合は,欠席手続きをした上で,改めて希望する回の研修に申込んでください。

     ただし,新規申し込みとして取り扱いますので,非決定となる場合があります。

県職員

初任(前期),初任(後期),中堅Ⅰ,中堅Ⅱ,主査級,監督者,参事級,管理者(第一部)(第1期),
管理者(第二部)(第1期),管理者(第2期)

市町職員

初任(前期),初任(後期),中堅Ⅰ,中堅Ⅱ(集合型),中堅Ⅲ,監督者,管理者,初任(専門職) ,再任用職員

 

  変更手続きについては次のとおりです。

県職員(知事部局)
県教育委員会事務局職員
県立学校職員
 

 
  • 様式「回次変更依頼書」をメール又はFAXで提出してください。
  • 研修開始日から1週間前を過ぎている場合は,回次変更依頼書の提出と同時に,速やかに研修センターまで連絡してください。

市町職員
市町立学校職員
県警察職員
県関係団体職員 

自分の団体の研修担当所属に問い合わせてください。

 ※様式はこちら ⇒ 各種様式

 

(4) 市町・中堅Ⅱ(選択型)の受講者です。当初選択した研修を別の研修に更できますか。

  止むを得ない事情がある場合で,かつ変更希望の研修の定員に空きがある場合に変更できます。

  変更希望者は,研修担当課,又は研修センターへ事前に相談してください。

 

(5) 市町・中堅Ⅱ(選択型)の受講者です。市町・中堅Ⅱ(集合型)に変更できますか。  

  受講者ごとに変更することはできません。選択型と集合型のどちらを受講するかについては,市町単位で希望調査をして

  選択しています。

      集合型から選択型への変更についても同様です。

 

▲このページの先頭に戻る

 

受講決定

(1) 受講決定通知はいつ頃届きますか。

  研修日の概ね1ヶ月前までに,電子メールで通知します。 

 

(2) 特別研修の応募者が定員を超えた場合,どのように受講者を決定

     していますか。

  次の考え方で受講者を決定しています。

県職員 特別研修の過去の受講歴が少ない職員,特別研修の直近の受講年度が遠い職員から優先して決定しています。

市町職員 受講実績率(受講修了者数/市町別の標準定員)の低い市町から順番に,市町ごとの推薦順位に従い決定しています。

 

▲このページの先頭に戻る

 

研修会場への来場について

(1) 研修会場への行き方を教えてください。

   次のリンクを参照してください。→ 「アクセス」のページ

 

(2) 自動車で会場へ行ってもいいですか。

  公共交通機関による来場を原則としていますが,一定条件のもと自動車での来場を認めています。

  次のリンクを参照してください。→ 「研修会場への来場方法」のページ

 

(3) 研修センターには,自転車やバイクを置く場所がありますか。

  エソール広島裏手(西側)の地下駐車場出入口傍に研修センターの自転車用駐輪場があります。

  バイク(原動機付き自転車を含む。)を置く駐輪場はありません。

  ※平成30年10月実施分からは,研修センター敷地内に駐輪場はありません。

 

(4) 旅行命令はどのように申請すればいいですか。

  市町職員は,各市町の規定に従って申請してください。
    県職員の受講者(管理者特別(講演)を除く。)の旅行命令及び旅費の支給については,次のリンクを参照してください。

  ただし,教育委員会,警察本部に属する職員は除きます。
  → 旅行命令について(pdf形式)

 

(5) 研修センターに宿泊することができますか。

    研修センターには宿泊施設はありません。

      宿泊の必要な方は各自で手配をお願いします。

  なお,研修センターが宿泊施設を指定する研修もありますので,次のリンクを参照してください。

  「宿泊について」

 

(6) 研修には何を持って行けばいいですか。

  持ってくるものについては次のとおりです。

  ・研修の留意事項

  ・受講者アンケート(事前記入欄を記入したもの)

    ※アンケートは受講決定通知と同時に送付しています。

  ・筆記用具

  ・職場で使用している名札

       ※その他,必要なものはその都度連絡します。

 

(7) どんな服装で行けばいいですか。

  研修は職務の一環です。それにふさわしい服装で参加してください。

  夏季期間中は,ノーネクタイなど暑さをしのぎやすい服装で参加しても構いません。

  冬季は,必要に応じて上着,ひざ掛け等をお持ちください。

 

(8) 遅刻しそうな場合はどうすればいいですか。

  所属と研修センターへ連絡し,指示に従ってください。

  地域会場の研修で,会場に直接連絡をされる受講者がいますが御遠慮ください。

  何も連絡がない場合は,研修センターから受講者の所属に確認することがあります。

 

(9) 台風などで交通機関が遅延しそうです。どうすればいいですか。

    旅行命令権者である所属長と相談し,欠席,出席を決めてください。

  欠席に決まりましたら,県職員は各所属から,市町職員は研修担当課から研修センターに連絡してください。

  研修センターでは,台風により会場での安全が確保できない場合,又は,交通遮断が予想され受講者が来場できないと

  予想される場合は,研修を中止することがあります。

  この場合,速やかに研修センターから連絡を入れます。

 

▲このページの先頭に戻る

 

研修期間中

(1) 研修中,受講者に連絡をいれてもいいですか。

  受講者には研修専念義務があります。他の受講者の迷惑にもなりますので,急用を含め,受講者に直接連絡するのはご遠慮ください。
  連絡を取りたい場合は,研修
センターに連絡してください。

  休憩時間等に受講者から連絡を入れるよう伝言します。

 

(2) 講義中に一時的に研修室の外へ出ることはできますか。

  トイレや急用で一時的に席を外す場合,研修センター職員に断って退出してください。

  時間が長くなりそうな場合には,研修センター職員に相談してください。

 

(3) 体の具合が悪くなったときどうすればいいですか。

  研修センター職員に申し出てください。常備薬がある方は各自でお持ちください。

  また,ベッドがある静養室もあります。

 

(4) 研修の途中で早退できますか。

    病気や急用など止むを得ない事情がある場合は,早退できます。
    なお,県職員の場合,受講時間が研修全体の80%未満の場合,修了となりません。

  一般研修など対象者必修の研修であれば,再受講となりますので注意してください。  

 

(5) 研修中,会場の外に出て用事を済ませていいですか。

    研修は職務ですので,昼休憩と研修終了後を除き,外に出ることはできません。  

 

(6) 研修中,暑い(寒い)のですが。

   室温調整を随時行っていますが,我慢できない場合は,研修センター職員に気軽に申し出ください。

  必要に応じ,上着,ひざ掛け,カイロ等をご用意ください。

 

(7) 講義中,飲み物を飲んでもいいですか。

     講義中,適宜水分補給をして構いません。

 

(8) 昼食はどのようにしたらいいですか。

    研修センターでは,全ての会場で弁当の手配を行いません。研修期間中の昼食は各自で対応してください。

  なお,昼食は,研修室内でとっても構いません。

 

▲このページの先頭に戻る

 

研修終了後

(1) 修了の認定基準はありますか。 
    修了認定は,次のとおり取扱っています。

県職員 原則,受講時間が全体の80%以上であれば修了です。80%に満たない場合,一般研修など対象者必修の研修であれば,再受講となります。

市町職員 各市町の規定に従います。詳しくは研修担当課へお問い合わせください。

 

(2) 一般研修や対象者必修の特別研修を受講しないとどうなりますか。

  一般研修や対象者必修の特別研修は必ず受講していただきます。年度内に振替えが可能な場合は,

  振替えて受講していただきますし,振替えが不可能な場合,翌年度に繰り越して受講していただきます。

 

(3) 研修受講後,特に何かすることがありますか。 
     研修で配付する「研修受講報告書」を記入し,職場で回覧してください。

   研修受講報告書は,研修で何を学び,今後の職務でどのように生かすかという視点で記入してください。

  研修によっては,研修フォローアップや事後課題を課す場合があります。

  なお,各市町で独自の報告様式がある場合にはそれを使用してください。

 

▲このページの先頭に戻る

 

 

研修センターの施設・設備

(1) トイレは洋式ですか。

    基本的に洋式です。5階トイレの一部が和式です。

 

(2) 休憩する場所がありますか。

    5階に談話室,6階に談話コーナーがあります。談話室には図書コーナーがあります。

  なお,エソール広島内の他の施設の利用者の迷惑にならないよう注意してください。   

 

(3) 身体障害者が受講しやすい環境が整っていますか。

    車椅子利用の方や聴覚障害の方などに対して,必要な対応をいたしますので,安心して受講してください。

  事前に研修センターまで知らせてください。  

 

▲このページの先頭に戻る

 

自己啓発支援・職場研修支援

(1) 研修センターには自己啓発や職場研修の支援制度はありますか。

  研修情報の提供等を行っています。受講助成等は実施していません。

   次のリンクを参照してください。→ 「研修のひろば」のページ  

 

その他

(1) 講師はどのように決めているのですか。

     講師の選定は,研修効果を大きく左右する要素として重要視しています。

   新規研修を実施する場合,又は講師を変更する場合は,複数の事業者から講師を呼んで模擬講義を行っていただき,

  その結果を見て講師を選んでいます。

     既に依頼している講師であっても,受講者アンケート,研修センター職員による講師評価などを参考に,

  継続する,しないの判断をしています。

 

(2) ひろしま自治人材開発機構とは何ですか。

     次のリンクを参照してください。→ 「機構・事業概要」のページ


▲このページの先頭に戻る

広島県自治総合研修センター 広島市中区富士見町11番6号 TEL:082-247-8221