研修コード:655  特別研修合同

監督者セミナー(課題解決)

研修のねらい

監督者(グループリーダー・係長,課長補佐等)のマネジメント能力を高める。
業務上発生する問題の抽出及び解決のための手法を習得する。

日程・開催場所

第1回 元・10・28(月) 自治総合研修センター
第2回 元・11・ 5(火) 自治総合研修センター
第3回 元・11・ 6(水) 福山市役所

予定人員

50人×3回 計150人(県30人,市町120人)

対象者

(県) グループリーダー,係長,主査及びこれに相当する職以上にある職員
(市町)係長及び係長相当職(専門員,企画員等)以上の職員〔係長等歴概ね5年以上〕

講師(予定)

≪法政大学 井上 善海≫
 大学卒業後,会社経営,経営コンサルタントを経て大学院へ進学。博士(商学)。2004年広島大学大学院教授,2013年東洋大学教授,2015年広島大学名誉教授,2018年より法政大学大学院政策創造研究科教授。企業の事業戦略に関する指導・講演・執筆活動や,企業内研修・自治体職員研修の講師などでも活躍中。

標準プログラム

1日  合計6.0時間
業務上発生する問題の発見・抽出及び解決のための手法を,ビジネスデザイン法(あるべき姿を明確にし,現実を把握した上で,その両者のギャップを埋めるためにどうするかを発想する手法)を用いて習得します。
◇ 受講者の声
視点を変えて物事をみることの必要性を感じた。
優先順位を数字化することは大変参考になった。
BD法(ビジネスデザイン法)はとてもわかり易い方法で,仕事だけでなく家庭でも使いやすいと思った。





他の研修を探す。


 
広島県自治総合研修センター 広島市中区胡町4番21号 TEL:082-247-8221