研修コード:635  特別研修合同

危機管理(図上演習)

研修のねらい

自然災害など危機発生時における,迅速かつ的確な対応力(情報収集力,状況分析力,決断力)の向上を図る。

日程・開催場所

元・10・17(木) 自治総合研修センター

予定人員

28人(県14人,市町14人)

対象者

(県) グループリーダー,係長,副部長(研究)以上の職員
    ※ 受講者は局単位で推薦する。
(市町)係長以上の職員(消防本部,消防署の監督職を含む)

講師(予定)

 県職員

標準プログラム

1日  合計6.0時間
陸上自衛隊と共同で行う研修です。
図上演習とは,連続的に与えられる情報を基に,被害状況を地図上に展開しながら対応を検討し新たな情報収集や指示を行っていくシミュレーション形式の訓練です。
危機管理の基礎知識・発災初期における対応などを習得していただける内容です。
「防災」研修と合わせて受講していただくと効果的です。

◇ 受講者の声
柔軟な対応をすることも必要であるということが分かった。
自分や組織の足りない点や改善点がよくわかりました。





他の研修を探す。


 
広島県自治総合研修センター 広島市中区胡町4番21号 TEL:082-247-8221