研修コード:550  特別研修合同

市町職員指導者養成

研修のねらい

これからの地域経営を担う自治体のリーダーとして必要な能力を総合的に習得する。

日程・開催場所

元・8・19(月)~9・6(金) 自治総合研修センター

予定人員

24人(県6人,市町18人)

対象者

(県) 概ね35歳以上の職員  ※ 受講者は局単位で推薦する。
(市町)係長(特に認めた主任を含む)以上で概ね45歳までの職員

講師(予定)

≪経営マネジメント(マーケティング) 県立広島大学大学院 江戸 克栄≫
 県立広島大学大学院経営管理研究科教授。株式会社サーベイリサーチセンター元顧問,株式会社リスペクトインスティテゥート主任研究員として多くの企業や自治体のマーケティング及びマーケティングリサーチに参画。戦略研究学会元理事,地域デザイン学会理事,芝浦工業大学非常勤講師,講演や研修など多数。
 
≪情報活用力 メンター・クラフト 河野 貴史≫
 株式会社メンター・クラフト常務執行役員。メンタルケア心理士 /工学修士(京都大学) /豪州ボンド大学 MBA(経営学修士)。大学卒業後,大手鉄鋼メーカーでの23年間の勤務を経て,コンサルタントに転身。長年のエンジニアリング経験で培った実践的な統計情報の分析,ロジカルイノベーション,コミュニケーション技術等が好評。

≪リーダーシップ  日本経営協会 西嶋 衞司≫
 日本経営協会講師。大学卒業後,松下電工株式会社(現パナソニック株式会社)に入社し,各地の営業所長を歴任,その後,松下電工創研(現パナソニックES創研)株式会社に専務として出向,さまざまな企業の人事・研修体系の整備や各種研修講師を務めた。独立後は,経営コンサルタント,研修講師として活躍中。

標準プログラム

12泊15日間  合計102.0時間
政策形成能力や行政マネジメント能力など,徹底的にブラッシュアップする3週間です。
他の自治体職員との交流,ネットワークづくりができます。

◇ 受講者の声
マーケティング分析や論理的思考法など,後に活用できるようなものを学べ,良かったと思っている。
長期間一つの事に取り組むことで,仲間意識と一体感が生まれ,有意義だった。班員個々の仕事の進め方,考え方も知ることができ,良い点を吸収できた。

過去の成果報告書



他の研修を探す。


 
広島県自治総合研修センター 広島市中区胡町4番21号 TEL:082-247-8221