ひろしま自治人材開発機構・広島県自治総合研修センター

平成30年度 一般研修 合同

トップマネジメント

研修のねらい

自治体経営に携わる幹部職員としての役割を自覚するとともに,地方行政を取り巻く環境の変化に対応していくために必要なマネジメントやリーダーシップについて考える。
自治体の部長職として,個の職員管理から組織管理への役割転換,組織目標の達成に向けた戦略の策定,今後の自治体の人材育成をいかにして進めていくか,その考え方や視点について考える。

日程・開催場所

30・7・20(金) 自治総合研修センター(エソール広島)

予定人員

80人(県40人,市町40人)

対象者

(県) 本庁の部長及びこれに相当する職にある職員〔新任〕
(市町)副市町長,部長

講師(予定)

≪元東京都総務局長 押元 洋≫
 昭和49年東京都に入庁。全国市町村振興協会へ出向し市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)教授・研修主幹,東京都総務局人事部人事課長,病院経営本部長,総務局長などを経て退職。その後,東京都職員研修所長,東京都人材支援事業団理事長,東京都保健医療公社理事長,東京信用保証協会専務理事等を歴任。現在,東京都固定資産評価審査委員会委員長,東京都職員研修所客員教授を務める。総務省自治大学校,市町村アカデミーほか全国の自治体で研修講師を担当。著作に「これでうまくいく!新人公務員の育て方」(学陽書房)

標準プログラム

1日  合計3.0時間
 


他の研修を探す。


 
広島県自治総合研修センター 広島市中区富士見町11番6号 TEL:082-247-8221